バルコニーにウッドデッキを設置するなら人工木材を選択しよう

作業服の男性

バルコニーはベランダと同じように思えるものの、定義上は2階以上で雨風を遮る屋根や壁のないスペースです。そんなバルコニーは、ベランダに比べてウッドデッキに対する環境の影響も高く、テラスや庭先などと変わらない影響を受けます。そのため、ウッドデッキを設置する際には専門業者へ依頼して人工木材を選択するのがおすすめです。
人工木材は、天然木材とは異なり耐候性や耐水性、耐腐食性や害虫にも強いというメリットがあります。バルコニーは基本的にコンクリートが打ちっ放しとなるため、水捌けは悪く、屋根もないことから紫外線や雨の影響を受けやすくなります。しかし、人工木材のウッドデッキを設置することで天然木材よりも耐久性に優れているため、メンテナンスも最小限で済み、将来的な交換工事費用も抑えられます。
また、天然木材と異なり人工木材は中空パイプ構造を採用するなど軽量性にも優れています。そのため、木造建築住宅のバルコニーに設置する際でも重さの影響も少なくすることができます。そのほかにも、人工木材はリサイクル材となり工場で安定した品質で量産化されています。そのため、バルコニーなど外観が一面均一性を求める場合でも、フシや割れ、色むらのないものを設置することができます。過酷なバルコニーという環境で耐久性に優れ、外観もキレイな人工木材のウッドデッキを導入してみてはいかがでしょうか。

Topics